特開2045-34987 物語6 奴隷生活

ユイは案内され、地下室に向かっていた。

水の流れる・・・波が押し引きする音が少しだけ聞こえ始める。

地下室のドアには「MAYUMI」とあった。

この家の『妻』である女の部屋。

それを初めて見たユイには、男がその部屋で生活の大半を過ごすことが想像できたため、圧倒的にさえ見える。

ユリにはその事を感じないだろうか。

この家は『妻』の存在が絶対なのだということ・・・。

大昔、気づいたとしても、もう見えないふりをしているのかも知れない。
 
ユイにはそう感じられたが、ユリとの会話ではそんな「意識」は見えなかった。

超えられない一線は夫婦にもうないのかもしれない。

しかし、ユイも一線を越え更に追い抜かなければならない。

この家の本当の主を・・・。

「ユイさん、ドア以後は立っては歩けません。わかりますね。」

「はい。」


眩しい光が部屋を埋め尽くしており、100㎡くらいの正方形を有していた。

ドアから中央部を隠す小さな板が置かれ、そこに隠れ2人はいるのだろう。

2人は手を床に付き獣になった。

ユイは見える部分のみ室内を確認する。

ほとんど何もないが、グレーのソファが1つ見えた。

「ご主人様、ユイさんをお連れ致しました。」

小さな板の向こう側にユリが言ったが何の返答もない。

「参ります。」

ユリが先に板の向こう側に這って進む。

その後をユイが続く。

白の簡易な鉄柱製ベッドがあり、男が高い一人掛けの椅子に座っている。

こちらは向かず、その目はベッドの上をずっとあった。

「ウグゥー、ウグゥー」

ベッドの上にマユミはいるらしい。

「ご主人様、ユイさんをお連れ致しました。」

「うん。」

まだ、男は振り向かずに、ずっとベッドを見ている。

2人の位置からは何も確認できないが、長い首輪の布製の青いリードを男が握っているため、それが女の首に繋がっているのは想像できた。

「ユイ、ご苦労だったな。立って見てみな。」

初めて男がユイに声をかけたが、視線はユイに向いていない。

「はい、ご主人様。」

ユイは身長が165ほどあるが、男もほぼ同じか、5cmほど高いか。

ユイが立つと、目の位置がほぼ同じとなった。

白い獣は長い黒髪を左右前後に撒き散らし、開口具がされた口は時折、呻き声を吐きながら快楽を貪っている。

左手はベッドに投げ捨てられ、肘から先は黒い皮製のもので隠されていた。

右手がマユミ特製に作られたものであろうL字状のバイブが巻かれ、先端部の構造はわからないが、ヴァギナに入りきれない部分の振動は、ピアスの動きが克明に知らせていた。

白い足が大きく主人に向けられ拡げられているのは当然とし、腹の上の黒い「呪いの刺青」も確かに見える。

「ウァー、アァー、イヘッテモイエスハ、ホヒンハマ。」

(イっても良いですか、ご主人様・・・家畜。美しすぎる。とても25歳には見えない。18,9。150cmと少しの身長、80cmを少し超えただろう形の良い乳房。切れ長な目が涙を止め処もなく流し、涎も閉じられない口から垂れ流れ落ちている。 絶頂を懇願するか細い声・・・たぶん、ご主人様の好みそのもの・・・私はこの人・家畜に何が上回れるの・・・。)

「良いぞ。しかし、続けろ。イッたら、もう一度。そして、またイッたら、もう一度。」

たぶん、もう5回、6回の話ではないだろう。

良く見えなかったが、バイブは透明なチューブの様なもので腰に固定されていた。

「ユイ。良く来たな。」

主は突然言った。

ユイは膝を落とし、その両足に口付ける。

ごく自然な行為に見え、ユリは驚いた顔をしたが、男は当然の事のように、チラッと見た後、妻に目を戻す。

当然、ユイにとって最初の男であることは2人とも知っている。

「ユリ。何故、お前を超える価格かわかっただろう。お前は知っている通り、私への報酬として政府がプレゼントしてくれたモノだ。価格などないも同然。高値を固定させるための出来レース。ただし、お前のここでの仕事は十分、私は評価している。最後まで頼む。」

ユリは如何に答えて良いかわからない。

(自分の価値はただの決め事。しかし、その「仕事」は十分、評価している。)

相対した主の言葉の背景がユイだとすれば、去る女は悟るしかない。

(ご主人様に全てを捧げることが、私にはできなかった。)

「畏まりました。ご主人様。」

ユリの声は寂しげであったが、人工的に得た年齢であっても自らを御する能力が身につけており、回答に乱れはない。

目の前の女2人は、明らかに自分とは異なった考え方でここにいる。そう、主人に宣告された。
 
後50日程度をせめて、「彼女自身」が褒められた点をユイに教えるしかない。

「よし、止めろ。」

たぶん、何度目かの絶頂が近かったマユミは誰に発せられたたのか、しっかり理解し、自分の欲望を中断した。

「ユイ、右手を自由に。」

最初の命令が下った。

それはやはり、「妻」に対する行為である。

「はい、ご主人様。」

手際よく透明チューブは外されたが、右手のバイブはまだヴァギナに収まっていた。

それを少しの力でユイが引き抜く。

驚いたことに、この小さな身体は直径5cm、長さが20cm近いバイブを咥えこんでいた。

バイブを取り除かれたマユミは、その全身をユイに見せている。

「ユリ、食事にしようか。ここで食べるか。下に降ろしてくれ。」

「畏まりました。ご主人様。」

這って、ユリは退室する。

ユイはずっとマユミの身体を見ていた。

男はそれをタバコの煙に巻かれながら観察している。

(小さな乳首に丸いピアス。乳輪ほどの大きさ。ヴァギナにも同じ。クローンとは違う丸い普通のピアス。薬はどこから効いているの。)

開口具を外してやった。

思ったとおり、マユミはただの美貌ではない・・・たぶん、評価などできない域。

あらゆる美を、それぞれ掛け合わせ、それによるマイナスは差し引き、人間的妖艶を加え・・・全く言葉が足りない。

つまり、美の化身とはこのような女の事で違いない。

その中で、小さい女体の両手が肘から先が無く、腹の黒々とした刺青が「家畜」であることを示していた。

特開2045-34987 物語6 奴隷生活2へ

eConomyさんの作品は、SM stories on the deskにて読むことが出来ます♪

九州SM情報局
FC2 SMランキング
関連記事

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ss

Author:ss
土手刺青蒐集家
SM界の稗田阿礼

九州は福岡のSMマニアでド変態♪
福岡をメインに九州各地のSMクラブ情報や、SM界のカリスマ情報などをお届けいたします!

SM動画のDUGA
福岡が誇るSM動画配信サイト♪
アダルトビデオ DUGA -デュガ- アダルト動画 DUGA -デュガ- アダルト動画 DUGA -デュガ- アダルト動画 DUGA -デュガ-
九州のSM風俗店リスト
九州のSMクラブ情報はここから! 九州SMクラブ情報

ランキングUPご協力お願いしま~す♪ FC2ブログランキング
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク 夢の跡・・・
消滅・停止中のリンクです(-_-;)
復活を待っています!
最近のコメント
メールフォーム
SMお悩み相談室もやってま~す♪
でも難しい話はダメよ(笑)

名前:
メール:
件名:
本文:

転送先がYahooメールなので、URLが付いていると迷惑メールフォルダに入ってしまう時があります。

僕からの返事が無い場合は、URL抜きで再度メールしてみてくださいね♪
月別アーカイブ
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

RSSリンク