特開2045-34987 物語6 奴隷生活2

特開2045-34987 目次
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話

最新話

へそから下にまさに彼女の「法」が書かれている。

家畜「マユミ」
1.マユミは生涯、ご主人様の所有物である。
2.マユミは生涯、ご主人様の性的目的で自由に使用される。
3.マユミは生涯、ご主人様のご命令に従う。
4.マユミは生涯、ご主人様の女である。
2044年1月1日 マユミ

その身体に以上の4項目を記す事で、マユミはご主人様の家畜であることを自覚すると共に、両手を捧げて誓いを忠実に実行する。
 
項目4の意味は深い。

家畜と女では、意味がまったく異なる。

ユイにはわかる気がした。

確かにこんな生活をユイは求め、その遺伝子はマユミと近いものに違いない。
 
「愛情」と呼ぶには悲しすぎるが、グロテスクな刺青によって、女と男の未来は明確に示されていた。
 
(私は、この2人の何になれば良いの・・・。)

ユイは男の方に顔を向ける。
 
少し寂しそうに男が笑った気がしたが、ソファに向かうため立ち上がった男の顔は、それ以上を隠した。

もう一度、マユミに目を戻す。
 
寝てしまっており、小さな身体に似合ったか細い吐息が、規則正しく行われている。

(本当に綺麗な方・・・家畜。男性にはこの女性がいて他が必要なの・・・。)

「ユイ。」
 
男がソファから呼んだ。急いでソファへ這って行く。
 
「お前は賢いなぁ。色んなことをこの1時間ほどでユリより理解したみたいだな。」 

「・・・。」
 
ユイは男の指摘を聞き、ここでの2年は今、始まったことがわかった。

「ユリの料理は美味い。でも、時間がかかってな。は、は、頭数も増えた。まだ、小一時間はかかる。まぁ、お前はここに奴隷として来たわけだ。幾ら賢くても心配事、聞きたい事もあるだろう。今、聞いておく。もう、私の気が向く時は1ヵ月後、3ヵ月後、ここを出る時も如何かな。何一つ聞かず仕舞いもあるからな。」

「当たり前だが、言っておく。お前は奴隷。心構えは十分の様だ。故に明日のお前は今日を引きずらない。明後日は明日を・・・。」
 
男は一気にしゃべり、新しいタバコに火をつける。

「ご主人様。お尋ね致します。ここでの奴隷とは何でしょうか。」

ユイの聞きたかった事は、本当ならこうである。
 
「ご主人様。ユイはマユミさんとご主人様との間で、活性剤や沈静剤(言うなれば、マユミとの時間の濃密にすること、その濃密に行き過ぎがないこと。)としてお使いになるのですか。」であろう。

当然、男は知っている・・・クローンのユイに、男性経験があるはずはない。

自分が作った『法』とも言えるのだから当然である・・・。

そして、市場での「心(女)の叫び」は聞こえてきた。

「簡単に言うとこうだ。私の欲求を全て満足させる女体・・・マユミにはできない。は、は、マユミとて完璧な家畜ではない。それを望む。」
 
知的な男だった。

マユミの出来ない事の詳細は必要なく、それがある事を伝えれば良かった。

そして、近寄る女を全てマゾヒストに換えてしまう静かなサディスト。
 
「わかりました、ご主人様。命もお捧げすると誓っております。ユイはその女体を持った女になります。」

男に苦笑いが浮かぶ。
 
(この女はやはり賢い。「女」になります・・・か。マユミの弱点だな。マユミの幾らか失った部分。知・肉・心を私の手で換えて行く過渡期にはあった。果たして・・・楽しめそうだ。)
 
ユリの作った食事が小さなエレベータで降りてきた。

昼食の高級なもの。
 
フランスパンが飾りで、ステーキが3つ。

香ばしいガーリックの匂いをさせているのは、ステーキだけではなくトーストもらしい。

サラダは大盛りで、豊富な色彩を持っていた。
 
スナック類とジンジャーエール、ビール、赤ワインもデカンタであり、水もペットボトルで500mlが3本。

やがて、ユリ自身も降りてきて、男まで再び這って進み寄った。

「ご主人様、お食事の用意ができました。」

「うん、食べるか。」

全てが床に置かれた。
 
男は床にドスッと座り込み、ユリが平伏し、ユイもそれに習った。

マユミの小さな声が聞こえた。
 
「良い香り。お食事?」

甘い声である。

マユミは不自由な身体をベッドから起こし、やはり這ってユイの後ろに目立たぬように平伏する。

「マユミ。前の女性は奴隷のユイだ。精々可愛がってもらえ。」

この家の主のみがステーキに舌鼓を打ち、ワインを口にしている。

「ユイ様。家畜のマユミでございます。どうぞ宜しくお願い致します。」

主人の声で目が合っていた2人は、当然のようにその階級が下にあるものが先に挨拶をした。

「あ、はい。マユミさん、・・・奥様、ユイです。こちらこそ。」

「ユイ。家畜は今後、呼び捨てで良いぞ。」

ユイの応答に男が言った。

ステーキがユリの前に投げられ、手掴みにされたサラダもその上に載せられた。

「ご主人様。頂きます。」

ユリは上品な顔を直接床のステーキに寄せ、端部から歯で噛み切ろうと試みる。

主人に浅ましい姿を見せようと言う、奴隷の意思が感じられた。

ユイにも投げ寄越され、同様にサラダが載せられる。

ユイもユリに習って、肉に喰らいついた。

「マユミ。」
 
主人に呼ばれたマユミが側に近づく。

そして、グレーの布で覆われた肘を上げ、チンチンのポーズを取った。

「こっちも欲しいだろう。」

男はゴムで支えられたズボンとブリーフを脱ぎ、萎えたペニスをマユミの口に載せる。
 
マユミは口を閉じない。

ペニスを柔らかそうな唇で締め付けることなく、穴を作り、注がれる主人の小便をゴクゴクと飲んでいく。

ユイは上目遣いに見ていた。

便器に使われるマユミは目を閉じており、その一切を飲み干すと下の口から、ドロッと白い液体を吐き出し、最後に唇が閉じられる。

萎えたペニスから最後の尿をマユミが絞り取り、ペニスはブリーフの中に戻された。

まだ、マユミはチンチンのポーズで、その華奢な身体と刺青を晒している。

ユイは男性のペニスを始めて見たが、そんなことより今の光景から様々の考えが頭を過ぎる。

(マユミさんは「ペニス」を何度も何度も身体に受け入れ、SEXの快感の中で奴隷となり、オシッコを何百回、飲んで家畜になって行った。今では、それさえ快感でマユミさんにとっては素敵な事・・・それは何時も法律の上で許されていた。クローンの私はようやく機会を得たのね・・・ウンコだって、あの可憐な口はきっと食べてしまうんだわ。)

男はステーキを口の中で屑にし、マユミの口に大量の唾液と共に流し込む。

マユミは可憐の顔を笑顔にし、主に「美味しい。」と伝えた。

ユイは主と「家畜」との間に会話が許されない事を知る。

会話など必要ないのかもを当然も含め。

それにしてもステーキは一向に片付かず、ユリもユイも4分の1を食べれたかどうか。
 
口は絶え間なく肉を咥えるが、肉汁のみが口に残り、後、野菜の味のみである。

「ユリ。ユイは今日は気疲れも多いし、後で少し遊ぶ予定だから、肉はナイフで切ってやれ。」
 
「わかりました。ご主人様。」

名前を呼ばれた後、まっすぐ主の瞳も見る。

ユイはユリから少しずつ、この家の奴隷の作法を学んでいく。

(後で、私で遊ぶ・・・抱いて下さるのかしら。あぁ、私はやっと女になれる。)
 
ナイフがユイの下に転がった肉を細かく裁断している間、ユイの瞳はユリと変わり、主を見つめていた。
 
食事が終わった。

男は手にビール缶が握り、好きなタバコの煙を弄んでいる。

ユリは食器の片付けで、台所仕事で消えたり現れたりしていた。

それでも3分の2ほどは食べただろう。

ユイは肉が細かくなったため、全て平らげた。

水も別の1つの皿にあったため、二人して舐め取り、食事としては問題ないと言える。

ただ、マユミは最初に与えられた肉の咀嚼物のみで、他は何も与えられていない・・・水分は主人の小便が十分与えられたはずだが・・・。

ずっと、食事中は同じポーズをしたまま、主が食事の終わりを告げた時、部屋の片隅に行き、今はだらしなく寝転がっていた。

「ユイ。こっちに来い。」

主が突然呼んだ。

(あぁ、お呼びになった。私はやっと、やっと・・・。)

視線はずっと主を見つめ、主に這って近づいていく。

マユミもその後ろに近づき、ユイの尻のラインからヴァギナに舌を這わせ始めていた。

その快感は薬効と数日間の禁断の日が続いたため強烈だが、押さえ込みながら主を見つめ続ける。

「ユイ。家畜が準備を整えているな。わかるかい。」

(わ、わからない。今は・・・。でも、ユイの、ユイの穴を埋めて下さい。)

ユイは叫びたかった。

マユミの舌にはピアスがあるようで、粘膜への刺激は今まで味わったようなものではない。

「家畜ってのは、言われなくても準備をするものなのさ。それが余計で的外れだとしても、主人に断りなしに催促し、求め、主人を促す。ユイ。お前に求めるものはそうではない。マユミだって、当然、そのレベルを超えて今の状態だ。」
 
マユミは、主がユイを犯す意志が今はないことに気づいて、話の途中にまた部屋の隅に去って行った。

ユイの身体はチリチリと燃えるが、マユミが去った以上、間違いなくユイの「希望」は適わないのだろう。

「マユミには何も薬は使っていない。全て、マユミの意志であり、私の意志。」

ユイには信じられない。

薬無しで・・・性的快感の増幅なしで、女とは男の快楽の道具に成れるのか。

「なんかわかるな。お前の考えている事。そうさ、マユミは私を愛している。私も同様だ。ユリには言ったこともないし、こんなことを言うタイミングもなかった。だから、お前はその正直さで愛される資格がある。」

ユイは涙をこぼした。

「クローン」の世界には、今使われた「愛」にあたるものはきっと存在しない。

「ご、ご主人様。ユイは愛してよろしいのでしょうか。」

「そこから始まるのさ。」
 
男は簡単に言ってのけた。

eConomyさんの作品は、SM stories on the deskにて読むことが出来ます♪

九州SM情報局
FC2 SMランキング
関連記事

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★No title

これ、そろそろ書かなきゃいけないのかなぁ。
年内?・・・終わるかしら。(やっぱり、無理?)

読んでいる人、今でもいるの?

携帯で「惑星もの」「力が備わったもの」「近親相姦もの」ばかり(「しか」が正解か。)読む現実逃避者が多い昨今、リアリティーとかが、そのための隠し味でしかない。
ここ3ヶ月(何もUPしない訳だけど)、「官能小説」がLink先アクセスの9割以上を占めている状況は、これをUPしていた際までに戻るのか。

 は、本音でもあるけど、別に関係ない事。

 読まないのは「読めない」くらいの認識でちょうどです。

 そろそろ秋風。内の7周年記念後、集中UPを始める予定(あくまで予定。今度は私の引越しなんて、想定されるし。賞与また、貰ってからにするかな。)で、その中に織り込んでおくけど・・・。
 (これ最終?オカシイなぁ。もう少し進めた気もするけど???)
 
プロフィール

ss

Author:ss
土手刺青蒐集家
SM界の稗田阿礼

九州は福岡のSMマニアでド変態♪
福岡をメインに九州各地のSMクラブ情報や、SM界のカリスマ情報などをお届けいたします!

SM動画のDUGA
福岡が誇るSM動画配信サイト♪
アダルトビデオ DUGA -デュガ- アダルト動画 DUGA -デュガ- アダルト動画 DUGA -デュガ- アダルト動画 DUGA -デュガ-
九州のSM風俗店リスト
九州のSMクラブ情報はここから! 九州SMクラブ情報

ランキングUPご協力お願いしま~す♪ FC2ブログランキング
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
リンク 夢の跡・・・
消滅・停止中のリンクです(-_-;)
復活を待っています!
最近のコメント
メールフォーム
SMお悩み相談室もやってま~す♪
でも難しい話はダメよ(笑)

名前:
メール:
件名:
本文:

転送先がYahooメールなので、URLが付いていると迷惑メールフォルダに入ってしまう時があります。

僕からの返事が無い場合は、URL抜きで再度メールしてみてくださいね♪
月別アーカイブ
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

RSSリンク